拗ね者バンコクを想う

現在、過去そして未来が交錯する私的Diary

米大陸 Oakland ①日本出発・機内・入国編

米大陸は7年ぶり、GatewayとなるSFOに至っては16年ぶり。

羽田から夜、搭乗。成田に比べるとやはり便利。機内食は2100頃と思われることから

搭乗前に軽く、と思ったが体調が悪いせいか空腹を感じずコーヒーのみ。

前回の米国/HNL訪問が2016年3月であったため、ESTAは期限切れ。USD14にて

新規取得。自分で支払い、自分で確認(承認の可否)と全てPushスタイルで

連絡をくれるといった対応もなく「来たいなら金払え」といった感じか。

 

搭乗便は定刻にて出発。当方は定番のエコノミー座席。程なくして夕食。

料理人コンペティション「RED U-35」歴代ファイナリストのシェフ達による

監修メニュー、とのことであり全般的には平均点以上と思われる。

一方、やや「凝りすぎ」というか、味がボケてインパクトに欠ける品もあった。

 

到着前のAIR MOS新商品「クリームチーズテリヤキバーガー」は美味しく

いただいたが自分で準備することを面倒と思う人はいるかも。

 

体調が悪く、機内食のあとはアイマスクをしてすぐに寝たこともあり、10時間の

フライトもそれほど長く感じられなかった。

 

到着導線に基づき、入国審査に向かう。その手前で左右に分かれ、左のレーンには

「returning ESTA 」とある。今回期限切れで新たにESTAを取得したことから

returningに該当するのか不明であったがとりあえずこちらを選択。

その先には航空会社の自動チェックイン機のようなものが鎮座。

まずスタート画面で言語を選び(「日本語」あり)指示に従って、パスポートの

顔写真頁下部の >JPN〇〇〇部分 を読み込ませ、質問にYES、NOで回答し、

指紋を登録、写真を撮るとレシートが出てきた。それを持って、審査官に

パスポートを添えて提出すると滞在目的を聞かれただけで入国審査終了。

非常にスピーディーでこれならUSD14を支払う価値があるかも、と思った次第。

 


にほんブログ村