読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拗ね者バンコクを想う

現在、過去そして未来が交錯する私的Diary

久しぶりのデルタ搭乗 Narita/Bangkok

以前旧ノース・ウエストに乗って以来何年かぶりでデルタに搭乗。機材の「ボロ」さ、キャビンアテンダントのアメリカンスタイルな対応に呆れ、しばらく乗っていなかった。

デルタのWEBサイトで予約。サービスには期待せず成田に向かった。

 

【空港チェックイン】

何故かWEBチェックインが出来ず、使用したクレジットカードを空港にて提示するよう、案内がでる。既に引落になっているにもかかわらず。

第1ターミナルのデルタカウンターに到着すると自動チェックイン機がずらりと並んでいた。どうもSKYTEAM系は自動チェックインに熱心というかコスト削減に血眼のようで今夏訪れたパリでも自動チェックインが隆盛だった。

パスポートを押し当て、上述のクレジットカードを挿入すると難なく搭乗券を入手できた。荷物預けもスムースで拍子抜けしてしまった。というのもパリにおける自動チェックイン機がわかりにくく、やっと搭乗券を入手しても、荷物預けで中途半端な作業(クレームタッグを自分で発行しなければならない)が必要で殆どの人が戸惑っていたから。

 

【機内】

昔の汚い、清掃されていないイメージはなく結構きれい。しかしながらタイ航空の787も同様であるがイヤホンの差し込み口が正面(前席の背中)にあるのは解せない(当機は767)。隣の人がトイレに立つたびにイヤホンを外さなくてはならない。ちなみに当方はいつも通路側席指定。どういった発想からそうなるのか聞いてみたい。

 

キャビンアテンダント

ホノルル、日本およびタイベースのクルーが対応しているからか、非常に快適でホスピタリティーにあふれていた。復路はロサンゼルスベースのクルーが乗っていたようで往路と異なりやや昔のアメリカンスタイルであった。

 

機内食

質・量は想定内であったが、ワインをオーダーするとかなり大きめなカップにナミナミと注いでくれた。さすが米系。これには「アッパレ!」。

 

ということで昔のイメージを一新してくれたが、残念ながら成田/バンコク線を含め路線が縮小されるようで、残念至極。

 

 

★今日の1曲

Sugar Loaf Express

Lee Ritenour 

 


にほんブログ村