読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拗ね者バンコクを想う

現在、過去そして未来が交錯する私的Diary

バンコクでコンド購入大作戦1-購入条件整理と物件検索編

バンコクに住んでいたときは不動産の購入など全く眼中に無く、「これだけ新規物件が増えれば近々
不動産は暴落」といった巷の噂を信じていた。また、セールストークとして使われる家賃収入(+利回り)に
ついて、よほど条件の良い物件・地区でなければ、テナントを見つけることが難しのではと感じていた。
 
日本帰国後、年に1度、残った手続きやゴルフのため来タイしていたが、新築コンドは減るどころか増える一方であった。加えて、アセアン経済共同体(AEC)の発足が現実味を帯びるなか、バンコクの新築コンドは更に増え続けていた。こうした情景を見るにつけ、いつしか、退職後を見据え自己居住用として「不動産購入もありか?」と思うようになっていた。貸すのではなく自己居住であれば、テナントが付かないリスクを回避でき、たとえ帰国時売却価格が下がってもその分は「家賃相当」と割り切れば、気持ちも楽になる。
 
気持ちの整理がついたところで物件探しを始めた。物件を探すにあたり優先順位として
1、高速の乗り口が近いところ←好きなゴルフに行きやすい
2、低層←高層が人気であるが、タイの高層建築にどこか信頼を置いていない自分あり
3、静かな環境←左右両隣は住んでみないとわからないが
4 、売却(できれば日本人に)しやすい地区
というわけで土地勘もあるスクムビットアソークからプラカノン)の偶数を主にインターネットで検索開始。
 
いろいろ検索したが最終的には新鮮さと情報量で以下2サイトに収斂。
 
上記のサイト等を通じて、自分のなかで情報が蓄積されイメージも膨らんだ。あとは現地で実際に見て確認するのみ、と勇んで出かけたが結果的には見事返り討ちにあってしまった。「タイは奥深し!」
 
★今日の1曲
More than feeling
Boston


にほんブログ村