拗ね者バンコクを想う

現在、過去そして未来が交錯する私的Diary

秋田、角館そして酒蔵

 

25年ぶりの秋田。

まずはレンタカーで市内に向かうも過去の記憶が全くない。

夕食後、川端界隈を散策。この日は人影も疎ら。

f:id:nogekotobuki:20180604101417j:plain

 

翌日は角館へ。微かに記憶がよみがえるものの、「こんなに綺麗だったかな」?

恐らく20数年のときを経て整備されたのであろう。桜の季節に思いを巡らす。

f:id:nogekotobuki:20180604101628j:plain

次に酒蔵を訪問。交通不便な場所であるが、外国人の訪問も増えているとのこと。

In-boundにおいて魅力ある観光素材なので応援したい。

 

 

f:id:nogekotobuki:20180604102033j:plain


にほんブログ村

Lakewoodでゴルフ!

f:id:nogekotobuki:20180604094622j:plain

5月の訪問時、久しぶりにゴルフ。

平日、雨季?ということもあり当日予約もスンナリ。

さっそくGrabを操作すると、1-2分で到着とのこと。

過去の経験で言えば「スクムビットからLakewoodまで」を指定すると

直ぐには見つけられなかった。幸先よし。

乗り込み、再度行先を確認すると、了解とのこと。聞けば、以前日本人の

ドライバーをしており、Lakewoodへは何度も通った模様。

 

料金も明示されたとおりTHB326。高速代を入れても400以下であった。

到着後、受付に行くと、当方が毎週のように通っていた6-7年前に勤務していた

M嬢を発見。嬉しいことに当方の名前を憶えていてくれた。

 

スコアは「普通」であったが、雨もシャワー程度でむしろ気持ちの良いラウンド。

 

帰りはタクシーを呼んでもらい、帰宅。このタクシーが秀逸。Uターンブリッジを

利用するため渋滞している右レーンを横目に最前列まで左レーンを進み、

合流可能最終地点でクルマを無理矢理右レーンにねじ込む。

 

モーターウェイを猛スピードで飛ばしつつ、一般道は裏道を熟知し渋滞を微妙に

回避するなど硬軟使い分け?ができるドライバーであった。

 

 


にほんブログ村

三宮彷徨

翌日のゴルフに備え、前日三宮入り。

夕食まで時間があったので、三宮界隈をブラブラ。

 f:id:nogekotobuki:20180429172635j:plain

 それにしてもいつから中華街は食べ放題の店と店頭販売の店が多くなったのか?

横浜も似た状況であるが規模が小さい南京町は尚更その変貌ぶりが目立つ気がする。

時代の流れか?

 f:id:nogekotobuki:20180429172714j:plain

ちょっと違和感を感じつつ南京町を抜けメリケンパークへ。

平日ということもあり実に平和な景色が続く。むかし、この付近の駐車

回数券を購入したが、殆ど使わないまま震災が発生し、駐車場自体が無くなって

しまった。

 

f:id:nogekotobuki:20180429172743j:plain

西宮在住のツレと落ち合い本日の作戦を練るもツレ曰く三宮はアウェイで

お店を殆ど知らないとのこと。ではではということでガード下の平和に行くも

予約で一杯。当ての無い夜の彷徨開始。

 


にほんブログ村

搭乗して感じる航空会社の業績

海外に出かける際、出張では日系航空会社、プライベートではいろいろ、とポリシーなく搭乗している。

 

先日、ポリシーに反して出張の際Catheyを久しぶりに利用した。日系航空会社ほど型ぐるしくなくSingaporeほどキッチリせず僅かに緩め、というのが当方の好みであった。

 

今回搭乗して感じたのは、緩めなスタイルは変わらないものの、機内食が???。エコノミークラスなので文句は言えないが、満腹感を得られないのだ。搭乗後、程なくして発表されたCatheyの2017年決算は2年連続の赤字。

 

やはりコスト削減が食事に反映されているに「違いない」と納得した次第。恐らく、安全管理や社員待遇は簡単に変えられないので、食事から削減しているのであろう。同じ体験をJAL倒産時にも感じた。貧弱で満腹にならない。

 

発表される経営数値のほかに、航空会社(Legacy)の業績を推測する指標として機内食watchの対象としてはどうだろう?

 


にほんブログ村

また来てしまった Baan E-san Muangyos Sukhumvit 31

先輩諸氏のブログを拝見して、気になったお店をGoogleMapに「お気に入り/保存」をし次回バンコク訪問時には是非とも訪問しようと意気込むものの、滞在中どうしてもリピートしてしまうのがいつものBaan E-san Muangyos。

こちらの「コームーヤーン」は自分のなかでBangkokイチであり、「ガイヤーン」についてもBest3に入る、と思っている。ジューシーさと独特のスモークフレーバー?が何とも忘れがたく、つい通ってしまう。

併せて「マラ」(野菜)の炒め物を頼むも残念ながら「ない」とのことで、茶色系のタイフードとビールでおなか一杯になってしまった次第。

f:id:nogekotobuki:20180311144450j:plain

 

 

 


にほんブログ村

久しぶりの ゴルフ練習場 42Tee-Off Driving Range

 

3月のある日、空いた時間の使い方を思案したが、その時間、時間帯で出来うるのは「打ちっぱなし」との結論に至り、久しぶりに、42Tee-Off Driving Range へ。

天気も良く、コンド前で直ぐにタクシーもにつかまり、ラマ4経由で出発。

 

流石に日曜日とあって、waiting14番目の模様。待っている間に軽く食事でもと思いカオパッドと水を注文。食事しながら様子をみていると意外とスムーズにwaitingが解消されているよう。精算の為声を掛け、持ってきた明細を見るとカオパッド160バーツ、水30バーツ。

 

程なくして呼ばれいざ打席へ。2ケース頼み、100バーツ渡すと「足りない」とのこと。聞けばケース当たり90バーツとのこと。

昔の記憶を頼りに何げなく100バーツしか渡さなかったが、物価上昇は至る所ですすんでいる事を実感。

 

2ケースを気持ちよく打ちきり、充実した気分で予定通り帰宅した次第。

f:id:nogekotobuki:20180311134121j:plain

 


にほんブログ村

バンコク スリランカ料理 Manel Lanka

f:id:nogekotobuki:20180214084115j:plain

f:id:nogekotobuki:20180214084150j:plain

とある日曜日、快適な歩道を使い、プラトナムを散策。いつものように人とモノで

溢れかえっていた。

そのなかを相も変わらずバイク、食べ物屋台そして自動車がすり抜けていく。

変わらぬ景色。

 

一回りするも目ぼしい成果なく昼時に。

Google mapで近くの目ぼしいレストランをチェック。ちなみに当方、先達の

ブログ等を参考に気になったお店はGoogle mapの「行きたい場所」リストに

保存。

 

最も近い、スリランカ料理といってもカレーですが、

Manel Lankaへ。⇒ 13.753042, 100.542226

当方の他客はおらず、1(当方)対5(従業員)。

料理自体は可も無く不可も無く。ただ、手で食べることを想定しているのか

アツアツというよりほんのりあったかい程度で、当方にはやや物足りない

(無いものねだり)と感じた次第。

 

 


にほんブログ村